なんちゃって音楽研究所

80年代音楽を中心になんちゃって考察をするブログ

なんちゃって研究所の再開②

 

薔薇は美しく散る

薔薇は美しく散る

  • provided courtesy of iTunes

 みなさんお久しぶりでございます。所長のRamoonです。

先日、流行りのソロキャンプに行ってまいりました。

暗闇の中、揺れる焚火の炎。いやー、良かったー。

ただ・・・荷物の積み下ろし、テント設営などなど。知らない間に普段使わない筋肉を使いまくってたのでしょうね。翌日、ひどい筋肉痛に。こ、こんなところで歳を感じるなんて。む、むなしい・・・。

 

薔薇は美しく散る

作詞:山上路夫 作曲・編曲:馬飼野康二 

 

さて、前回の続きでございます。

なかなか曲の解説にいけなかったんですよね・・・てへっ。

えー、ではいきましょう。

 

この曲はやはり映像とシンクロして聴くべき曲です。TV放映のオープニングがうまく作られているんです。YOUTUBEとかでアップされていますから見てくださいね。

ヴァイオリンの情熱ほとばしる前奏で始まります。薔薇のとげのあるツタに絡まれた女性が映し出されます。これがまた美しい。いや、どういう物語なの?内容を知らなければそうなるでしょう。インパクトのある画です。脳裏に焼き付きます。そして影絵のようになっていきます。またイントロがいい!波乱の人生を表すかのようにたたみかけてくるメロディです。

 

草むらに 名も知れず

咲いている 花ならば

ただ風を 受けながら

そよいでいれば いいけれど

 

さて、歌詞です。このベルサイユのばらの主人公オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェなんですが、代々フランス王家の軍隊を統率してきたジャルジェ家に男の子が生まれなかったのね。そのジャルジェ家の六女として生まれたんだけど、父親が「ええーい、もうええわーい!もう男の子ちゅうことでええんちゃうかー!」という途方もないアイデアを思いつくのね。

んで、後継者になるべく男として育てられるのよ。(身長が178センチもあるのね。オレよりも背が高いやないかーい。ルネッサーンス!髭男爵🍷)

 

ま、そういう運命に生きる女性の話なのよ。時はフランス革命の時代。激動の時代だよね。5人の姉が女性として当たり前のように生きてるのに、自分は男として軍人として生きていかなければいけない苦悩。女性ならよくわかるでしょうね。オシャレなんてできずに「おらーっ!いてまうぞー!」という世界に生きるのですから。

 

前置きが長くなったのですが、それでこの歌詞となるわけです。

 

普通に伯爵令嬢として生きていくなら、他の女性たちと同じように振る舞い、ただ生きていればいいだけなのに・・・

 

というわけです。「ただ風を受けながら」のあたり、ストリングスの裏メロが気持ちいいですねー。

 

映像の方ですが、ここのフレーズあたりは少女漫画風のお花畑ルンルンの世界感であります。

ところが・・・

キメのフレーズで手のひらの花びらが風に吹き飛ばされてしまいます。

 

私はバラのさだめに生まれた

華やかに激しく生きろと生まれた

 

ここですよ。ここの映像。ガラッと変わって眼光鋭い凛々しい女性がスクロールされます。(う、美しい・・・)そして、風に立つライオンのように崖にそびえ立つ姿がクローズアップされていきます。最後の顔のアップ。いや、惚れちゃうよ。美しく気高い。かっけー!

 

わたしにはそんな、普通の生活は許されない。命を激しく燃やして、閃光のように光を放ち、そして華やかに散っていく人生を生きるのだ!バラのように!

この決意よ。だからあの目つきなのね。

 

バラはバラは 気高く咲いて

バラはバラは 美しく散る

 

「気高く咲いて」のあとのストリングスがすごく効いてるよねー。編曲もかっこいいー。

 

ここの歌詞はそのままだよね。バラのように生きて、そして散っていくのだ、と。気高くという言葉がグサッとくる。今の時代、気高さってある?気位が高いってわけじゃない。もう、尊厳というか、そういうところ。他の人には触れることのできない、魂のコア的なところにあるまぶしい光。

 

2コーラス目はそのまま意味の歌詞ですので割愛しますっ。

 

サビを繰り返し、映像はまた、最初の薔薇のツタに絡まっている主人公オスカルが映し出されていきます。この画に秘められている意味。あなたは何を感じますか?物語を見ないとわからないですよね。バラの運命に縛られた女性なのでしょうか。それともそこから脱出しようともがいている女性なのでしょうか。いずれにせよ、それが美しく描かれている。そう思いませんか?

 

最後のアウトロもヴァイオリンの激しく落ちていくようなメロディの表現で終わります。まるで主人公の最期をほのめかすような・・・。

 

はい、というわけで今回もながくなりました。最後までお読みいただきありがとうございました。私も初めてこのアニメのストーリーを知りました。素晴らしいアニメですね。

さ、今日はこのへんで。

 

また、お会いしましょう。

 

See you

 

 

 

なんちゃって研究所の再開①

 

 

薔薇は美しく散る

薔薇は美しく散る

  • provided courtesy of iTunes

 みなさま、お久しぶりでございます。所長のRamoonです。

長くお休みしておりました。ごめんなさい。少しづつ再開したいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。えー、今回は聖子さんの曲ではなくこの曲です・・・。

 

 

薔薇は美しく散る

作詞:山上路夫 作曲・編曲:馬飼野康二 

 

「また、えらいとこから曲を選んだなー」という声が聞こえてきそうです(;^_^A

そうですね、自分でもそう思います。

 

実は流れがございまして・・・。

先日、YOUTUBEを適当に流し見しておりましたら、「UFOロボ グレンダイザー」のオープニング曲を外国のオーケストラが真面目に演奏している動画を目にしました。「え?どういうこと?」と頭が混乱してしまいました。

 

で、いろいろ調べたところ、日本のアニメってすごく評価が高いんですよね。もちろんフランスなどで人気があるというのはテレビなどで知ってはいたのですが、中東の方で人気があるというのを知ってびっくりしました。他にボルテスV(ファイブ)なども人気があるとか。

 

私が子供の頃に見たアニメが世界で愛され、そのオープニング曲を口ずさんでいることに驚きました。あ、その流れでね(笑)、この「ベルサイユのばら」の主題歌「薔薇は美しく散る」に行きついたのです。イタリアなどで「LADY OSCAR」という名で親しまれているそうです。

たしか、私が小学生の頃に放映されてた記憶があります。少女漫画でしたので、当時はテレビで見る事はなく、話の内容は全く知りませんでした(;^_^A

 

ただ、この主題歌はとても好きで、放映されてた時もオープニングだけは欠かさず見ていた記憶があります。曲の始まりに映し出される絵がとても美しいのです(影絵みたいなやつね)。歌とともに流れる映像も含めよくできたオープニングでした。

 

ルパン三世コブラなどアニメーション制作をしている東京ムービー新社の創り出す世界は、この時代にしてはすごく斬新だったと思います。子供向けではないんですね。

曲と映像の組み合わせが上質のミュージックビデオのようでした。

 

フランス革命を題材に、フィクションではありますが、史実に沿って話が進んでいきます。フランス人はこのアニメからフランス革命を学んでいるというぐらいだそうで、原作の池田理代子さんはフランス政府から「レジオン・ドヌール勲章シュバリエ」を受章されているそうです。すごい話ですよね。

 

さて、前置きが長くなりましたが、曲へ参りましょう。作曲者を見ますと、馬飼野康二さんじゃないか!といまさらながらに驚きました。いや、当時もね、おそらく目にしていたのですが、「そうなんだー。」と、再確認しました。この方です⤵

 

f:id:brooki:20210409182800j:plain

引用:集英社「明星12月号(1984)YOUNG SONG」より

 

馬飼野康二さんといえば、真っ先に思い浮かぶのは西城秀樹さんなんですよね。「激しい恋」「傷だらけのローラ」「炎」とかね。で、調べると笑っちゃうほど作曲されてるんですね。本当にすごい人です。他に松崎しげるさんの「愛のメモリー」とか、嵐の「A・RA・SHI」、あ、そうそう近藤真彦さんのアルバム「WINNING」に収録されている「Y・A感覚」とかね(ちょっとマニアックか(笑)個人的に好きな曲なんで(^▽^;))。ほんとに幅広くて、またそれぞれオリジナリティがあって作曲の才能に溢れている方です。

 

うわーっ、全然、歌詞の考察にいけなーい。これはあれだな、次回に持ち越しだ(笑)

ということで今日はこのへんで

 

See  You

 

 

 

 

 

 

私の松田聖子論 各論「Pineapple」10

f:id:brooki:20201129195903j:plain

引用:集英社「明星8月号(1982)YOUNG SONG」より

こんばんはRamoonです。

最近はデーモン小暮さんの動画をよく見ています。

あの人はホントに器用ですねー。頭の良いのはもちろんなんですが、北野武さんにも似た風格を感じます。

そして様々なことに探求心を持っている。ああいう人がなるべくしてBIGになるんだなーと。笑いのツボも心得ていて気さくだしね。多くのバラエティの芸人なんかより格段上の芸人。ゴジラの声とかウルトラマンの声とか。ゴジラの声のコンテストで東映から賞もらったとか(笑)

歌はうまいよねー。恐ろしいくらい。聞惚れるよね。トークはふざけてるのに歌い出すと本格的って、ほんとズルい。才能。

 

おっと、前置きが長くなってしまった。ふははははっ!お前も蝋人形に・・・。

 

もとい。

 

今夜もスタートっ。


 

3  Pineapple

⑩SUNSET BEACH

 作詞:松本隆 作曲:来生たかお 編曲:大村雅朗

 

ああ、とうとう最後の曲となりました。なんだか寂しい気持ちです。学生生活も、もう終わりか・・・みたいな。これって、未来に希望を持ってないからなんですかね・・・。根本的に。あ、暗いな。いかんいかん。ポジティブ・シンキーング!

 

そう、最後の曲は来生たかおさんの作曲なのですね。聖子ちゃんのアルバムってラストの曲は良いバラードが多いような。来生さんて明菜ちゃんのイメージが強くない?。「スローモーション」とか「セカンド・ラブ」とか。でも「P・R・E・S・E・N・T」は来生作品か。(そうだよな、すいません。)

 

それはともかく(;^_^A 夏の最後にふさわしい楽曲じゃないですかー。ねー。夏の夕暮れ。サンセットビーチ。誰もがセンチメンタルになるシチュエーションじゃないのー。この名盤「Pineapple」の最後を飾るにふさわしい曲です。

 

曲へまいりましょう。

 

静かなピアノ。ビーチから少し離れたチェアーに主人公の聖子ちゃんが横たわってるのです。そして閉じていた目をゆっくりと開けてゆきます。ぼやけている焦点が少しづつ合ってきます。そして広がるビーチの景色。そんな演出のイントロです。

 

 

黄昏どき斜めの陽を浴びて タオルを手に人が帰る

夕凪ぎ満ち潮 足跡だけ 消し去る波

 

わあー色がねー。もう黄金色ですよ。きれいな夕焼けが浮かびますなー。女性のグループ、カップル、家族連れ。誰もが荷物もって引き上げていく様子は寂しささえ感じます。でも、同時に静けさもやってくるのです。波の音も聞こえます。足跡だけ消し去る波。そう、もうその音だけになっていくのです。波のSEが臨場感を演出しています。

 

死のうかってポツリ言うあなたは

冗談さと笑い出した 一瞬答えに困る私

試したのね

 

そう、そう。この死のうかっていう歌詞がね、当時は意表を突かれたんですよ。「昭和枯れすすき」じゃないんですから。どうしてそんなこというの?って思ったのですよ、当時。でも、まあ、彼氏のちょっとした悪戯みたいなものなんですかね。松本氏の意図は。横を通りかかって、たまたまそのやりとりを聴いたオヤジが「てやんでい!イチャイチャしてんじゃねーよ」ってなる程度の。

 

しかし「冗談さ」っていう彼の、このさわやかさよ。天を仰いでさわやかに笑い出すんでしょうな?横で主人公の聖子ちゃんが頬を膨らまして「もーっ!プン!」て言ってそうだもんなー。で、冷静に「私、試されたのかしら?」って頭をよぎるのよ。ヨギータ徳井。

 

ああ、夕陽が海に溶ける

ああ、あなたと生きてみたい気がする

渚の果て

 

ここのサウンドはちょっとアンデス地方に飛んでいきそうな感じです。あれ、ここオシャレな渚じゃないの?って。しかし、この曲はまだ日本の浜辺で親近感あるのですが、だんだんマイアミやら、セイシェルやら、ブルージュやらの物語が増えていくじゃないですか。じっかーん!じっかーん!よ。実感がわかないのよ。そうなると、私ら庶民は。もう空想の世界になっていくのね。

 

で、この曲の砂浜はまだ私の住む世界にあるのねん。ありがたやー。え?すでにペルーあたりの砂浜だったりして。いや、日本の海にしておいてー!頼むー!

 

さて、間奏。これハーモニカ?このアコースティック感がいいよね。余計なソースはいらん。塩とこしょうだけでええのや!っていう味付け。彼が横で吹いてるのかな?そんな演出ですね。横で沈みゆく夕陽を頭をかしげつつ眺めながら、うっとりと聴いてる聖子ちゃんが目に浮かびます。

 

この曲は二番の歌詞がありません。サビだけです。この割り切り方。いいですねー。マツダロードスターは余分なものをすべて削ぎ落し、軽量化することにより芸術的なドライブフィールを生み出しているのです。そう!曲によっては固定概念など振り払い、作者の感性の赴くままに世に出せばよいのです。

 

なんかよくわからない考察となってまいりました(;^_^A

 

えー、とにかく、最後はサビを繰り返してフェードアウトしていきます。ストリングスの印象的なリフとシンプルなギターのメロで華やかに気持ちが高ぶった感じで終わりに向かっていきます。

 

それで終わりと思いきや、最初のイントロが再び現れてきます。そして静かに息を引きとるー って、違う、違う!でもそれくらいの静けさを最後に与えます。さあ、これは何を意味してるんでしょうかねー。わたしなら、彼に寄り添いながら渚を後にする二人の後ろ姿からだんだんと焦点がさっき座ってたチェアーに合ってゆき、そこにさっきの「死のうか」って冗談の返答が何かの紙に書かれてあるのではないかと推測いたします。恋つづの見すぎかな?

 

おおーっと今回は長く書いたなあ。

めずらしい。

 

淋しいもんなあ。「Pineapple」最後の考察だもん。

あーあ、書き終えちゃった。

えー、次はどうしよう。

 

それはまた次回の講釈で・・・(西遊記かっ!)

 

それではまた!See You!

 

 

 

 

 

 

 

私の松田聖子論 各論「Pineapple」9

f:id:brooki:20191104201925j:plain

こんばんはRamoonです。

寒くなってきましたね。やっと、というか・・・。

そして、夏のアルバムの考察してる自分は世界とずれてるような・・・。

ま、いいか。

 

今夜もお届けしますよん。

では、どうぞ。


  

3  Pineapple

⑨水色の朝

 作詞:松本隆 作曲:財津和夫 編曲:大村雅朗

 

さあ、9曲目「水色の朝」。アルバムが発売された当時の私にはそんなに印象に残る曲ではなかったんです。それが、15年ほど前に聴いたときやっとこの曲の良さがわかりまして・・・。いやー、良さがわかるのには時間がかかるものですよ(いいわけですな(;^_^A )

 

では、最初から聴いてみようー

 

そう、美しいアカペラから始まるのですよ。これ、”水色の朝”でしょ。もう、これでそんな感じしますもんね。そして、ガットギターがバックで鳴ってるし、ベースは気持ちよく動いてる(ロードスターのマニュアルシフトノブをコキン、コキンと入れるように気持ちいい!乗ったことないけど(笑))。

 

そして聖子ちゃんのやさしい歌い方よ!じゃあ、歌詞を見てみよう。

 

水色の朝に包まれ 目覚めれば鳥の声

あなたに逢いたい 夢の続きで

 

なるほど、何気ない日常の朝。目が覚めると鳥が鳴いとるのね。チュンチュン、と。夢で好きな彼の夢を見てたんですな。そう、「なんで目が覚めるのよー。えーい、もっかい目をつむったら寝れるんちゃうかー。」いうてね。

 

カトレアの花のつぼみが ほころんでゆくように

私の心も色づいてゆく

 

しかし、聖子ちゃんの歌詞を考察すると花がよく出てくるわー。勉強なるわーん。カトレア?知らんがなー。なになに?おっ、めちゃかわいい花やん。ラン科なのね。紫のカトレアの花言葉は「優美な女性」だと。なるほど、女性は好きな人ができると美しくなるっていうじゃない?カトレアのつぼみがほころんでゆくみたいに私も変わっていくわ、ってところでしょうか。

 

Love for your love  誰よりも今綺麗になりたい

Love for your love やさしさを あなただけに贈りたい

 

あなたに愛に対しての愛?わからん?あなたの愛へのための愛?

ま、とにかくだ。好きですってことだろ?

夢の中にまで出てくるほど恋しちゃったのよ。私の心を受け取って!ことでしょう。

 

そして!この間奏のガットギター!実はわたくし、先ほど15年ほど前にこの曲の良さがわかったと申しましたが、その際にこの曲弾きたい!って思いまして、ドラムマシンにドラムを打ち込んで、絶対音感のある友人を呼んできてシンセやらコーラスやらの音をとってもらったりして曲を録音しました。あの、コーラスも自分で歌って重ねたりしてね(笑)。

 

で、この間奏。当時ガットギターを持ってなくて。アコースティックやセミアコは持ってたんですけどね。どうしても他のギターじゃこの温かみのある音が出せないんですよ。そこでこの曲を録音するためだけにガットギターを買いに行きましてね(笑)

俗にいうエレガット。予算もそんなになくて、楽器屋で働いていた親戚に相談しました(;^_^A 「安いけど、これなかなかいい音するよ」と教えてもらったエレガットを購入。この曲の間奏をそのエレガットで弾いた時はうれしかったなあ。だから、この曲に思い入れがすごくあるんですよ。

 

Love for your love  新しい一頁が始まる

Love for your love やさしさを あなただけに贈りたい

 

「一頁が始まる」の「る」の発音。これが聖子節ですよ。え?節って言わない?まあ、まあ、聖子の聖子たる歌い方ですよ。ここの辺りの歌い方はほんとに聖子ちゃんが確立してきた「ザ・聖子」の歌い方なんだよね。

 

愛くるしくて、華やかで、甘えたところもあって。声の表情がコロコロ変わる。男ってこういうのに弱いんじゃないかな。振り回されるのよ。わかっちゃいるけどやめられない!ってね。

 

もう誰も止められないわ 走り出す風の中

私は私よ あなたのものよ

私は私よ あなたのものよ

 

「私は私よ あなたのものよ」 うーん、これまたなぞなぞですかい?「私は私よ」って、わかっとるわーい!って髭男爵のノリで叫びそうになる(笑)。私はあなたのために存在しているわ。ってことなんでしょうね。非常に内省的な歌詞です。

 

こういう落ち着いたオシャレな曲、好きなんですよね。しかし大村さんの編曲いいなー。凄いわ。聖子ちゃんも天才ですが、もう一人の天才、大村雅朗さん!なんて(てへぺろ

 

今日はこのへんで

 

ではまた

 

See You

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の松田聖子論 各論「Pineapple」8

 

f:id:brooki:20201123120702j:plain

引用:集英社「明星3月号(1982)YOUNG SONG」より

このブログも2019年4月から始めて、もう一年半ですよ。

早いもんですね。時が過ぎてゆくのは。

こういうのなんて言ったけな・・・。

あ、「ジャネーの法則」か。

「生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する」

ということらしいです。

 

さ、今夜もよろしくお願いします。

 

3  Pineapple

赤いスイートピー

 作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂 編曲:松任谷正隆

 

とうとう来ましたね。赤いスイートピー。歌い継がれる名曲です。

最初のピアノからウルッときちゃいます。なんだこの切ない旋律は。この時点でいい曲だとわかるよね。正隆さん、すごいっ!車好きなのよね、正隆さん。(関係ないか)

 

1982年1月にリリースされた8枚目のシングル。だからこの曲を聴くとあの頃の冬の季節にタイムスリップしちゃう。わたしもちょうど思春期と呼ばれる時期に差し掛かってまして、ほんと春まっさかり!でした。歌詞の内容にはまだ幼い年齢でしたが、異性に対するあこがれもあり、恋人ってこういう気持ちになるの?なんていうふうに聴いたものでした。

 

繰り返されるピアノのメロディ。そしてそこに加わってくるやさしいコーラス。

ほんとにやさしいラブソングだ。これから始まるストーリーにわくわくします。

 

春色の汽車に乗って 海に連れて行ってよ

煙草の匂いのシャツにそっと寄り添うから

 

「春色の汽車に乗って」この歌詞から暖かな春の陽気を感じます。そして桜をイメージしたピンク色。これだけで、温度、色彩を感じます。そして、彼と海にデートに行くようです。煙草の匂いというのですから、まあ大人の男性というところでしょうか。寄り添うという表現からつつましげな彼女が目に浮かびます。

 

こんな優しげな入り方あった?聖子ちゃんの曲で。意外とないような。ピアノメインのシンプルな伴奏。しっとりとしたメロディ。メロディの隙間を埋めるオブリガードも最高!

 

「寄り添うから」の後のストリングスの旋律いいですな。Bメロにきれいにつながっていきます。

 

何故 知り合った日から半年過ぎても

あなたって 手も握らない

 

いいねー。ピュアな恋愛。女の子にはまどろっこしくなるのでしょうな。「ええい!てやんでい、べらぼうめ!さっさと手を握っちまえばいいんだよー。」と思ってるはず。(そんなわけあるかい!(笑))

 

まあ、でもね。男側からすると大事に想いすぎて何もできなかったりするのよ。嫌われたらどうしようってね。ま、これもこの時代のあるあるかもね。わたし最近、石立鉄男さんのドラマ見すぎて感覚おかしくなってるからなー。ピュアなのよ、みんな。

 

I will follow you あなたに追いてゆきたい

I will follow you ちょっぴり気が弱いけど

素敵な人だから

 

この頃 「follow」ってどういう意味なんだろ?なんて調べたものです。今じゃスマホで簡単に調べれますよね。羨ましい時代だ。ともあれ、ちょっぴり気が弱い彼だけど、素敵なところもあるようです。優しいのかな?そんな彼と一緒に生きてゆきたい、っていうのよ。

たまらんセリフですな。思わず手を握っちゃうなー。わたしなら。

 

ここのサビでは、おとなしい女の子が意を決したかのように力強く歌い出します。もじもじしている彼にこっちから言うわよ~!みたいな。素敵な人だから・・・。でトーンが少し下がる。メロディと歌詞のリンクが素晴らしいね。最後のハープがメルヘンですなあ。

 

心の岸辺に咲いた 赤いスイートピー

 

ここの一文、体言で締めるのよね。最後、ぱちっと閉まってる。うん、ジップロック

 

心の岸辺かー。心の何気ないところにポッ、と咲いたんだろうね。春の花として代表的な花らしいね、スイートピーって。男ってあんまり花のこと知らないのよ。調べると、すごいかわいい花なんだねー。こんなかわいい女の子の心に咲く赤いスイートピー。なるほどね、すごく似合ってる。ぽかぽかした春の陽射しにゆらゆらと揺れていますね、きっと。

 

そして最初のイントロに戻ります。8分で刻むストリングスがいいですね。二番の歌詞にわくわくが続きます。二人はどうなっていくんだろう、と。

 

四月の雨に降られて 駅のベンチで二人

他に人影もなくて 不意に気まずくなる

 

駅のベンチにいるのね。ああ、もう海には行って、帰りの電車待ってるんだ。四月の雨かあ、あったかい雨なのかな。四月ってまだ寒いかな。他に人影ないのか・・・。四月の海近くの駅。そうか、人、いないかも。

 

「不意に気まずくなる」

 まだ、あんまり付き合いは長くないのね。きっと。一番最初のデートって気まずくなったりするかも。緊張してるからね。

 

何故 あなたが時計をチラッと見るたび

泣きそうな気分になるの?

 

ここの歌詞がいいですよね。女の子の心情がよくわかります。彼がチラッと見るんですよね、時計を。その小さな動作さえも見えてる。ほんとに会話もなく固まってる二人なんてしょう。で、彼女は「早く帰りたいのかなー」って悲しくなるのよ。「私はもっと一緒にいたいのに」

 

 

で、少し歌詞をとばして

 

好きよ今日まで 逢った誰より

I will follow you あなたの生き方が好き

このまま帰れない 帰れない

 

ここはサビ終わりにメロディをかぶせて歌い出します。それによってたたみかけるような心情を表現してます。「伝えなきゃ、伝えなきゃ!」っていう気持ちが溢れてます。この曲の最大の魅力です。意を決して彼を見てる主人公が見えます。

 

「このまま帰れない」、もう一度「帰れない」と繰り返します。ここも素晴らしいですよね。ハンカチかなんかを膝の上で握りしめている。なんか、そんなシーンを想像します。彼のことがほんとに好きなんだってわかりますよね。歌詞もメロディも見事に表現してる。

 

心に春が来た日は

赤いスイートピー

 

さあ、このあと二人はどうなっていくんでしょうね。「心に春が来た日」。それはこのあとすぐなんでしょうか、それとももう少し先の未来なんでしょうか。そんな想像を残しつつ、赤いスイートピーが彼女の心に咲き乱れ、ハッピーエンドになることをリスナーの想像に託しています。

 

うーん、やはり名曲ですね。こうやってあらためて聴くと、素晴らしい楽曲であることがわかります。

 

やや、低音の音域が歌いにくそうですが、それもかわいらしいです。セリフのように感じてGood!です。曲はセブンスが多く使われていてユーミンらしい都会的でおしゃれ曲ですよね。そこに聖子ちゃんの主人公を演じるボーカルのテクニックが加わって、最強のラブソングとなっています。いやー、素晴らしい。

 

というわけで、今回は長文になったなー。

では、また会いましょう。

 

See  you  next

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の松田聖子論 各論「Pineapple」7

f:id:brooki:20191104201856j:plain

みなさん、こんばんはRamoonです。

コロナの影響で人々の交流がなかなかうまくいきませんね。

友人も人に思うように会えなくて気が重い、って言ってました。

わたしは最近、動画で昭和の名作ドラマ「パパと呼ばないで」をよく見てます。石立鉄男さん主演のドラマです。1972年の放送ですからもう、48年前ですか。

昭和の東京の下町が物語の舞台なんですが、人の人情や家族愛に溢れ、不覚にも何度も泣いています。平成、令和と時は流れ、わたしは大切な「何か」を忘れてしまったように感じます。

 

さて、今日もいきますよ!

 

 

 

3  Pineapple

⑦ レモネードの夏

 作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂 編曲:新川博

 

さあ、7曲目「レモネードの夏」。 

編曲者が新川博さん。すいません、あまり存じ上げません。少し調べよーっと。調べてみるとー。どうやらこの曲は松任谷由実さんつながりのようですね。ちなみに他の曲を見てみると・・・、うーん、おっ!高中正義さんの「渚・モデラート」の編曲してるんだ。他は・・・、1986オメガトライブの「君は1000%」。

 

さて、曲へと参りましょう。

 

冷えたレモネード 白いカフェから

揺れる木漏れ陽を見たの

あとあなたに逢えれば もうひと足 早い夏

 

なるほどねー。もうこれだけでこの曲の要旨がわかるってもんじゃないですか。

「冷えたレモネード」、「白いカフェ」、「木漏れ陽」。もうこりゃ、避暑地のオシャレなカフェにいるんでしょう。ポッキーのコマーシャル。ハッとしてGood!をバックに電話BOXで出会うみたいな・・・。ものども、であえ、であえー!(時代劇風に)

 

そんな避暑地なんて行ったことない。あ、そういや、学生の時、バンド合宿で行ったっけな・・・。あんまりいい思い出はない(´;ω;`)ウゥゥ

 

そう!ときめくような出会いなどなかったではないか!なんて寂しい人生。

いかーん!最近僻みっぽくていけねーや。(江戸っ子風に)次、つぎ。

 

樹にもたれた 貸自転車

コテージから光を縫って来た

想い出には縛られない

もう恋などする気も無い私

 

いやー。こんなおしゃれな青春時代を過ごしたかったなあ。後悔先に立たずってね。

まあ、このカフェに自転車漕いでやってきたのね。なんか失恋して、「恋なんかもうせんわーい!ルネッサーンス!(ヒゲダン初期型)」状態なのね、きっと。

 

少し淋しげな 深い青空が

肩に降り注ぐ避暑地

あとあなたに逢えれば もうひと足 早い夏

 

失恋するとさ、何をしても楽しくないのよね。こんなおしゃれなカフェで、良質マイナスイオンが降り注いでるのに、青空が逆に淋しく見える。心にぽっかり穴が開いて、風がヒューヒュー抜けてくのよ。

 

今は私も20才 自由に生きる事を

憶えながら 一人で生きてる

 

ここ、少し違和感があるんだよなー。いきなり演歌なんだよ。Cメロとして存在感はありますが。Aメロ、サビとサラッとくるから、ドン!と置いたのでしょうね。

 

時が消した 胸の痛み

忘れるのに一年かかったわ

 

(この後の歌詞省略)

 

そうかー。わたしは、女性ってあんまり未練とか持たないと思ってたけど。わたしは失恋から立ち直るのにどれくらいかかったか、ってーとー。うーん10年くらいかな。ながーい!(ハンバーグ師匠風に)

 

この曲のようにさ、オシャレな避暑地に行って冷えたレモネードの薄いスライスを噛めばもっと早く忘れられたのでしょーか。ううっ。

 

しかし、このアルバム「Pineapple」をそっと盛り立てるいい曲です。夏を感じるなー。

さわやか。

 

では、今日はこの辺で

 

See You 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の松田聖子論 各論「Pineapple」6

f:id:brooki:20191104201925j:plain

 

みなさまお元気ですか。

所長のRamoonです。

昔に記事を振りかえってみますと・・・。

およそ考察といえないものばかり。

反省してます。

今夜はしっかりと考察するぞ!

おーっ!

 

 

3  Pineapple

⑥ピンクのスクーター

 作詞:松本隆 作曲:原田真二 編曲:大村雅朗

 

確かこの曲は、アルバム、LPのB面の1曲目。LPってわかる?でっかーい、黒ーい円盤。今じゃ知らない人もいるよね。A面、B面てあってね、その円盤の裏と表に音楽が記録してあって、ひっくり返して聴くのよ。そんなめんどくさい物、というなかれ。聴くのが大層だからこそ、ありがたみもある、ってものよ。なあ、さくら~。

 

で、この曲は裏にひっくり返して1曲目なわけです。A面の「P・R・E・S・E・N・T」同様、どんな曲が始まるのかドキドキ、ワクワクなのですよ。すると、エレピとともに美しいハーモニーから入ってくるじゃないですか。くうーっ!川平慈英が唸っちゃうじゃないの。この曲書いたの誰?とみると原田真二さんじゃあーりませんか。やっぱりね、書く世界が独特よね。ま、この時点ではイントロだから編曲者を称えるべきところだよね(;^_^A

 

ともあれ、最初のイントロのハーモニーからして「やられた~」ってなるわけですよ。コーラスの歌詞はなんて言ってんの?Hello good‐day sunshineってか。おお、なあんてさわやかなんだ~!そこには、どよんとした不健康な心などあらへん!ピュアな女の子がおるだけなんですわ~。と、時を戻そう(By ぺこぱ)

 

ちょっとあやしいのよ 電話してこない

しゃくにさわるけれど気がかりな恋ね

 

軽快なシャッフルのリズムにのって歌い出します。ほほう、彼が最近連絡してこないとな。後ろで電話のコール音鳴ってんじゃん。「何回もかけてんのに、このガキャー!」と怒り心頭なのね。そりゃけしからん。しかし、「しゃくにさわるけれど」がいいねー。気が強い子なんだろうね。「たいていのことは気にしないわ。でも、あなたのことは気になるのよ~!もう!」という言葉が隠れているよね。

 

突然に部屋を訪ねようかな

 

おお、強制家宅捜査にでるわけですな。そりゃ思い切ったことをしなさるのう、お嬢さん。もし、そこに他の女性がいたら修羅場ですな。ここのメロディは、「よし、モヤモヤしててもしかたない!行くわよ!」なーんて声が聞こえてきそうな展開です。「訪ねようかーなー」の「なー」の表現!思い立ったはいいけど、これでいいのかな?⤵って迷いのニュアンスが出てる。ここ!聖子ちゃんが天才といわれるところですよ!あたしゃ悶絶っ!

 

ピンクのスクーターで 緑の街を駆け抜け

スカートをなびかせて あなたの胸に走るわ Good‐day Sunshine!

 

うむ。さすがサビです。トントントンってリズムに軽快に乗って走ってるスクーターが目に浮かぶじゃないですか。「駆け抜け」のところの拡がり感。コード進行なんですかね。ここ、センスありますよね。緑の街、おそらく公園かなんかがスクーターの背景にあるのでしょうな。ピンクのスクーターがその背景の中を駆け抜けていく、彩りあざやかなそんなシーンが見えます。「あなたの胸に走るわ」気持ちだけが先走るのね。会いたい!それだけなのよ。がんばれ!主人公の聖子ちゃん!

 

陽炎の坂駆けのぼったら 世界中が輝いたの

 

ずるいなあ、この締め方。かっこいいですやん。坂をのぼって行ったんですよ、ピンクのスクーターが。で上り切った坂の上。高いところだからパッ、と視界が広がったんでしょうな。憶測ですが、坂の向こう側は港街なんですよ。キラキラ海がきらめいている。そう!エースをねらえ!のあの街のように!おそらくカモメが飛んでる(笑)

 

輝いたの~って言った瞬間、バックの演奏は渦巻のような旋律に。そして最初のイントロへもどる。にくいね~三菱。(杏ちゃん談)

 

そしてまたあのコーラス。美しい。なんぼでも聴いてられる。男のコーラスでゴツゴツしてないって素晴らしいじゃないですか。

 

わざと冷たくして わたしの気ひくの

それがいつもの手と知りながら走る

 

なんとな。そんな手など使ったことなどないぜよ。そないな手があるのか。イケメンなのか?やはりそやつは。そうであろう。そうに違いない。わたしも、そんなこと、して、みたーい!(´;ω;`)ウゥゥ

 

うわー。そんなかっこいい男になりたいわー。わたしなら、慌てて電話とるけどな!

 

もとい。

 

よく来たね。そっけなく言うかしら

 

松本隆さん。いいわー。「よく来たね」と、セリフが入ってるんですよ。男の姿が目に浮かぶじゃないですか。高身長でやさしそうな彼なんやろなー。ガツガツしてなくて夢があって、それを追いかけてて、彼女にかまう暇もなく・・・。みたいな、そないな男性。

 

ピンクのスクーターで 緑の街を駆け抜け

ホーンをひびかせたら やさしい手で抱きしめて

 

さあ、結果やいかに!そう、まだ彼女は男性宅へは到着しておりませぬ。すべてスクーター上での妄想なのであります。うむ。心配だ。いや、きっとハッピーエンドに違いない。そーんな余韻も残しつつのフェードアウトなのであります。このフェードアウト。緑の街をバックに聖子ちゃんの乗ったピンクスクーターが消え去っていくシーンが目に浮かぶ。そう、カメラがグーンと上空にパンしていき、引きの街全体の画になるような。

 

少女漫画の世界感かなー。好きですよー。とても初々しい。さわやかだ。聴いていて微笑ましい。ああ、筆者も中学生にもどりたいっ!ま、永遠に中二病ですが・・・。

 

今夜は以上になります。

 

では、また。

 

See You!